カテゴリ:マナー( 65 )

ゴミ拾い・・・お詫びと訂正

「WATERSIDE CONTROL」開催まで3週間を切りました。

開催するごとに参加人数がどんどん増えて・・・と言いたいところですが、今回もボチボチと参加の連絡を頂いてます。あまり大きな増減がないのも長く続けていく秘訣なのかと思っています。

参加表明のご連絡いただいた方、ありがとうございます。

さて、タイトルにありますように、あらかじめお詫びしておかなければならないことが発生してしまいました。

開催決定時にはなかったことが二点ほどあります。

藤前干潟ではボク達が清掃活動をする以前から「藤前干潟クリーン大作戦」という500人以上参加のイベントが開催されているのですが、ボクらの活動日の前日12日にブッキングされてしまいました(苦笑)
前日に多くのボランティアさんが清掃されるので、ゴミが少ない・・・少ないことは本来良いことなんですけどね。

もう一点は清掃場所の堤防の工事が2ヶ所で始まってしまい清掃範囲が狭くなってしまうということです。
一ヶ所は11月から実施ということで、もしかすると駐車スペースも減って窮屈になってしまうかも知れません。

しかし、ゴミは全て拾いきれるわけでもないので、予定通り実施したいと思ってますので、宜しくお願いします。

ついでと言ってはなんですが初めて参加される方、参加を考えていらっしゃる方もいると思うので、このイベントの意義、目的も再度確認しておきます。(同じことを繰り返し書いてしまうので、うんざりかも知れませんが・・・すみません)

「ゴミを拾って、綺麗な釣り場にしましょう!」

これが大義名分で、一次的な目的です。
参加して頂ける方はこれだけ思って参加してもらえれば十分なんです。
ただね、毎回そうなんですけど、やれ「いちいちゴミを拾ったって偽善ぶんなよ」、「捨てなきゃ拾う必要もないだろ?」だとか、ひどいのは売名行為だろ?とかね(笑)もう慣れっこなんですけどね。

実際、綺麗なフィールドを保つだけなら、個々が意識を高くもって、釣りに行く度にゴミ袋一杯ぐらいを全員が拾ったとしたら、かなりのゴミが無くなるんではないかと思います。

では、イベントとして行うメリットはどこにあるのか?です。

ボクの二次的な目的は釣り人以外の人たちに活動を見てもらうことです。
ボクらが釣場として使っている場所に釣り人が来ることによって、その地域の人たちには少なからずのデメリットが発生します。ゴミの問題であったり、車の駐車スペース、騒音の問題。
釣り人のマナーの悪さによって釣り人を排除しようとする動きが見られます。漁港なんかは特にね。

逆にメリットってほとんどないんですよね。

定期的にイベント的な規模で清掃することは、地域の方にとってもメリットが少しはあるはずです。
ボクらはゴミを出さないのはもちろんですが、ボクらが出したゴミ以外を拾うことに意義があると思うんです。

最近では地域の方々、いろんな団体が清掃活動をされているようですし、釣り人も遅れをとらないようにやっていかなくてはならないと思っています。地域の方、他のレジャーとの共存なくして釣場は残していけないんじゃないかと思っています。

ボクたちが楽しむ為にということもありますが、次世代に釣場を残していくことが重要だと思っています。

微力なんですけどね・・・

↓引き続きヨロシクです。

WATERSIDE CONTROL Vol.7 開催について


  「WATERSIDE CONTROL Vol.7参加希望」 



開催までわずかとなりました。どしどし参加表明くださいね。
[PR]
by mrockon | 2011-10-28 08:52 | マナー | Trackback | Comments(2)

WATERSIDE CONTROL Vol.7 開催について

この秋にも開催の運びとなりました。

ゴミ拾いのイベント「WATERSIDE CONTROL Vol.7」を下記の要領で行いたいと思います。

e0018843_065427.jpg

e0018843_011427.gif

*当日、軍手・ゴミ袋は主催者側で用意させていただきます。ゴミを拾う際、ゴミバサミ等があると便利です。主催者側でいくつか用意しますが、数に限りがありますのですべての人に行き渡らない可能性がありますので、ご持参頂けると良いと思います。

*駐車スペースはありますが、乗り合いで来て頂けると大変助かります。

*当日は藤前活動センターのトイレが利用できますので、そちらを利用してください。

*当日の開催は前日の午後6時頃に当方ログにて発表いたします。

上記の要領で当日、お手伝いをして頂ける方はコチラまでメールを送信してください →   「WATERSIDE CONTROL Vol.7参加希望」 
本来自由に参加して頂けると良いのですが、参加人数に合わせて、ゴミ袋を行政から支給してもらうのである程度の人数把握が必要なのです。

*******************************************************************

「フィールド清掃会」というイベント名で始めたゴミ拾いも、早いもので10回目を向かえます。
これもひとえに参加していただける皆様のお陰だと思っています。改めてありがとうございます。

節目の10回目ということで・・・・・・スイマセン、いつも通りのゴミを拾うだけの会になりそうです・・・(汗)

実は今回、清掃後にチョットした企画を考えていたのですが、依頼先と日程が合わずにお流れとなってしまいました(笑)それはまた次回以降にしたいと思っています。

さて、ボク達のイベントの特徴として、県外からの参加者が多いのです。企画をする者としては大変嬉しいのではありますが、地元の参加者が少ないというのはチョッピリ寂しく思うのでありますが(笑)今回はたくさん集まって頂けるでしょう!

「ゴミを拾う」というと、「マナー」、「モラル」と難しそうなテーマなんですが、「釣り人が集うオフ会」。ロッドの代わりにゴミ挟みを持って、魚を釣る代わりにゴミを釣るって感じで遊び半分で参加してもらえば十分なんです。
その中で、何か感じてもらえれば良いかと思っています。

県内外、老若男女問わず、たくさんの皆さんとお会い出来ることを楽しみにしています。
[PR]
by mrockon | 2011-09-06 08:40 | マナー | Trackback | Comments(5)

事故、頻発でしたね。

先日のサバイバルゲームの話に乗じてって訳じゃないけど、ついでに事故の話し。

この週末に起きた事故がニュース等で報じられていた。

ボクが通う南紀ではサル撃ちの狩猟者が謝って人を撃ってしまったというもの。
実は以前、ボクもニアミスがあったんです。磯から這い上がった崖の上にイノシシのハンターさん達がいてこっちに銃口を向けていたんです。
流石に血の気が引きますよね。日常生活で銃口を向けられるなんてまず無いですからね。
こんな話しを知り合いのシカ撃ちの人に話していたら、人を間違えて撃つなんてあり得ないとのこと。でも、時々この手の事故って起きますよね。

で、次は海難事故。

ボクの範囲から近いところでは、2件。

南紀、潮岬で60代の兄弟が磯釣りで落水、一人が帰らぬ人に。
静岡県浜名湖では4人乗りの船が転覆、3人だけが救助。
たぶんどちらもエサ釣りなんじゃないかと思うのですが・・・。

どちらの海況も同じなんですけど、台風のウネリが入っていて波浪注意報が発令中。ヒラアングラーってむしろ注意報が出るような海況で釣りをするのですが、台風のウネリは別ですもんね。

で、残念ながらお亡くなりになられた方のみライフジャケット未着用。
着けていなかったかどうかわかりませんが、少なくとも脱げちゃうような着用になっていたかも知れません。

今さらの話しですが、基本スパイクを履こう!、ライジャケをきちんと着けよう!なんですが、命を守ることと、万が一のときに早く発見されやすいということもあると思うんです。

「事故を起こさない」は絶対だと思うのですが、「万が一」の後のことも考えてみることが必要かもしれませんね。
[PR]
by mrockon | 2011-06-27 21:12 | マナー | Trackback | Comments(4)

釣場での作法~う○こ編

え~~っと・・・うんこの話しなんです。スイマセン・・・

先日起きた事件2つについてです。

ボクのメインの釣りは磯のヒラスズキなのですが、エントリーしやすい磯ってのは漁港から入れたりするんですよね。

よくあるパターンなんですけど、堤防の根っこのところに0.5歩ピッチほどのちょこまかした階段があって、堤防に登って、磯へ降りると言ったイメージです。
そんな漁港の磯にエントリーしたときに堤防から磯に下りる階段3段目ぐらいにウンコがしてあるんです。ティッシュもあったので明らかに人間です。
「コンニャロ、踏むじぁねぇか!」
きっと体勢としては2段目に陣取り3段目に産み落とす感じでしょうね。
ということは、堤防越しに監視しながら?さては日中の仕業なのか?ともかく階段はいかんですよね。

しかし、あの0.5歩ピッチは誰の歩幅に合わせたんでしょうね?あと、神社やお寺によくある1.5歩ピッチの階段。長い階段だと片足だけ筋肉痛になるんですよね(笑)

それは良いとして、今度は自分の失態。

これも磯ヒラでの出来事。

ボクはウエットスタイルなんだけど、水に浸かったりすると、保温性があるとは言え、冷えてお腹をよく壊すんです。もともと丈夫じゃないですしね。

先日エントリーした磯はゴロタ浜をテクテク15~20分ぐらい歩いてエントリーするエリア。道路からも見えにくい場所なんだけど、ここでもよおした訳なんです。
皆さん、トイレなんかに戻らないですよね。ボクも野グ派なんで、躊躇わずなんですけど、ウエットスタイルではティッシュなんて持っていけないんです。もっぱら水際でいたして、海水でジャブジャブあらう、天然ウォシュレットスタイル(笑)
この日もそうでした。
普段であれば、ブツに周りから石等を探してきて下敷きにして証拠隠滅を図るのですが、このときは大潮のソコリ近く。そう、一時間もすれば上げ潮に流される計画だったのです。

すっきりしたボクは少し沖にある磯に渡り、釣りに没頭。ルアーチェンジしたときにふと、岸を見ると大型犬の散歩をしている人が・・・。

「こんなとこまで散歩に来るんだ。田舎の人は健脚だなぁ」と気にも止めませんでした。

そこのエリアではヒラからのコンタクトはなく移動です。

岸にたどり着いた時、そういえば野グッたんだと思いだしたんです。

場所を確認しておかないと自爆する可能性があるのですが、確か産み落とした場所はこの辺りだったような・・・というところに見当たらないんです・・・と、産み落とした痕跡だけが残っているではないか!!!

ということは、散歩の主に「うんこ取られた」というか拾われていった???

あぁ~失態だ・・・

ゴメンね、散歩の主さん。でも、自分のうんこを他人に取られるなんてないよね(恥)やっぱりキチンと証拠は隠滅しないとダメだね。

あ~恥ずかしい・・・
[PR]
by mrockon | 2011-05-10 02:02 | マナー | Trackback | Comments(4)

WATERSIDE CONTROL Vol.6開催

何度かにわたって告知をしてきましたゴミ拾いイベント「WATERSIDE CONTROL Vol.6」を開催してきました。
e0018843_2356917.jpg

ここ数日の寒波で少し心配をしましたが、今日はそれほどの冷え込みもなく開催することができました。

今日集まって頂いた参加者はスタッフあわせて35名ほど。
数日前から仕事等でキャンセルも出たこともあり、予定よりも少なめの人数となりました。

記入していただいた名簿を見てみるとビックリ。
地元、名古屋市内からの参加人数は10名以下。市外からの参加者に加え、三重、滋賀、静岡、神奈川の県外からのエントリーも多くしていただきました。
地元アングラーへのアナウンス不足は主催者としては否めませんが、広域から参加していただけることにも嬉しく思っています。

さてさて、ゴミ拾いのほうですが、当初の参加予定から150枚のボランティア用の袋を用意したのですが、人数が少ないにもかかわらず、2時間ほどでソールドアウト(笑)今回はゴミが多かったというわけでもなく、むしろ減ってきている状況でした。
e0018843_23561964.jpg

150袋もゴミが出ているのに減ってきているって矛盾を感じるかも知れませんが、このイベントを始めた頃のゴミの量は拾い切れるとは思えないほどの堆積量でした。しかし継続することで、少しずつ改善されていくんだという実感をもつことが出来ました。もちろん、ボク達だけの力だけではなく、むしろ一部分だと考えます。
e0018843_23563126.jpg

今回清掃した藤前干潟はボク達を含めて6団体ぐらいが清掃活動をしているようです。「藤前干潟を守る会」を始め、地元住民の方や小中学生の野外活動として、また地元企業なども清掃をしているようです。

このように、いろいろな人の手によって、自然が守られていけば良いと思っています。
その中で、釣場として使わせてもらえたら良いのではないでしょうか。
そのためには個々がマナー等を守っていくことが大切なのでしょうね。

次回は秋ごろにまた開催したいと考えています。
自分の中には思うところがあって、行政との交渉次第ですが別の場所での開催も考えています。
e0018843_23564010.jpg

また、決定事項がありましたら、ここで発表していきたいと思っています。

何はともあれ、本日参加していただいた方々、お疲れ様でした。
また、次回も参加よろしくお願いします!
e0018843_23565094.jpg

[PR]
by mrockon | 2011-03-07 00:00 | マナー | Trackback | Comments(0)

WATERSIDE CONTROL Vol.6開催します

明日、WATERSIDE CONTROL Vol.6開催します。

まだエントリーされてない方も参加してください。飛び入り歓迎です。

参加条件は、

清掃場所まで片道約600mを歩ける方(笑)

何も見返りもないイベントですが、是非ともご協力ください。

*参加される皆様

ご来場にはくれぐれも事故等なさらぬようお気をつけてご来場ください。

それでは、明日楽しみにしてます。

WATERSIDE CONTROL代表 伊藤 正博
[PR]
by mrockon | 2011-03-05 16:00 | マナー | Trackback | Comments(0)

続・WATERSIDE CONTROL Vol.6開催について

*3月6日清掃活動を行います。
是非、ご協力ください。
WATERSIDE CONTROL Vol.6開催要項

e0018843_140202.jpg


e0018843_1404292.gif

開催日まで2週間を切りました。主催者としましては、人数の問題ではなく、長く継続していくことが大切・・・とは言うものの、今回も皆さん集まってくれるのかなぁ・・・都合の良い時だけ手を貸せだと?などとお怒りではないかとか、そんな事を考える時期でもあります(笑)

さてさて、皆様にはどしどし参加表明頂きたいのですが、上記の地図だけではわかりにくいと言うご指摘もありましたので、アクセスいついてもう少し補足をしておきます。

参加者の皆さんが車で来場されるという勝手な判断で書かせてもらいます。

ナビ搭載車の場合は、
「藤前活動センター」でHITすると思います。

高速道路、R23四日市方面から参加の方。

高速道路の最寄のインターは伊勢湾岸道路の飛島インターになります。
高速を降りたら、R302を北上、梅之郷を右折してR23へ。
しばらく走ると「藤前流通団地」、「サンビーチ日光川」という看板が出てきたら、降ります。「藤前5丁目」の信号を右折。道なりに小さいですが「藤前活動センター」の看板も出ています。それに従って走ってきてください。

R23豊橋方面から参加の方。

R23を四日市方面に走り「庄内 新川橋」越え、「藤前流通団地」、「サンビーチ日光川」という看板が出てきたら、降り左折します。道なりに小さいですが「藤前活動センター」の看板も出ています。それに従って走ってきてください。

以上ですが、お判り頂けましたでしょうか。
また、ご指摘頂けましたらと思っています。
*当日、ご来場に不安があるという方はメッセージでも頂けたら対応できることもあると思いますので、気軽にお問い合わせください。

*お願い
当日拾ったゴミは行政から頂いた「ボランティア袋」に集めて処分をして頂くシステムになっています。
この「ボランティア袋」の支給枚数は参加人数によってある程度決まってきます。そのため、ある程度の人数把握が必要となってきます。
もちろん、当日参加は可能ですが、参加の目処が立った時点でご一報頂けると大変助かります。
また、当日ドタキャンありです。家に呼びに行くこともありません(笑)
現状、参加出来るよって方はご一報お願いします。
[PR]
by mrockon | 2011-02-22 00:48 | マナー | Trackback | Comments(0)

WATERSIDE CONTROL Vol.6開催します

ようやく準備が出来ました。

ゴミ拾いのイベント「WATERSIDE CONTROL」の第6回目の開催要項が下記のように決定しました。↓
e0018843_140202.jpg


e0018843_1404292.gif



*当日、軍手・ゴミ袋は主催者側で用意させていただきます。ゴミを拾う際、ゴミバサミ等があると便利です。主催者側でいくつか用意しますが、数に限りがありますのですべての人に行き渡らない可能性がありますので、ご持参頂けると良いと思います。

*駐車スペースはありますが、乗り合いで来て頂けると大変助かります。

*当日は藤前活動センターのトイレが利用できますので、そちらを利用してください。

*当日の開催は前日の午後6時頃に当方ログにて発表いたします。

上記の要領で当日、お手伝いをして頂ける方はコチラまでメールを送信してください→「WATERSIDE CONTROL Vol.6参加希望」
本来自由に参加して頂けると良いのですが、参加人数に合わせて、ゴミ袋を行政から支給してもらうのである程度の人数把握が必要なのです。

**************************************************************************

このイベントも早いもので4年目を迎えます。
発足当時、ただ「ゴミを拾う」だけの何の見返りもない集まりに継続して参加してもらうことは出来るのだろうか?と心配をしておりましたが、皆さんのご好意によって続けさせてもらっています。

今回も多くの参加をお待ちしておりますが、ご注意頂きたいことがあります。

現在、清掃場所である藤前活動センター前の堤防工事を行なっております。工事が終了する6月まで延期も考えましたが、センターに問合わせをしたところ、日曜日は工事が行なわれなく、清掃活動には支障はないとのことでしたので開催することにしました。

e0018843_1365791.jpg

工事区間は工事業者が清掃をしているそうなので、工事区間を通り抜けて区間外の清掃をします。
e0018843_1371139.jpg

写真左側の堤防下をメインに清掃をします。
工事車両や工事箇所に注意すれば、それほど危険ということはありませんが、事故、怪我等は主催者側では責任を負いかねます。特に小さなお子様と参加される方は目を離さないなど、ご注意お願いします。

e0018843_137573.jpg

また駐車スペースも限られています。
駐車スペースを超えてしまった場合、路上駐車をお願いすることになります。こちらもセンターに問い合わせたところ、日曜日には通行車両もほとんどなく問題なしとの回答を頂きました。

参加者の皆さんにはご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。

活動のコンセプトに関しましては、「釣り人の地位向上」、「釣り場の保全、保護」等々ございますが、当日は「ゴミを拾う」という大義名分はありますが、「同士との交流の場」として、楽しく開催できたらと思っています。

それでは、多くの参加お待ちしております!
[PR]
by mrockon | 2011-01-19 01:43 | マナー | Trackback | Comments(2)

残念ですね・・・

初釣りもしてないのに、今年一発目が残念なブログになるとは・・・

串本町潮岬の磯で、男性釣り人死亡

ボクがホームにしている南紀での出来事でして、ボクも行ったことのある磯なんですけど、道中危険箇所はあるものの釣り座自体はそれほど危ないイメージがなかったんですよね。釣り座が危ないような時は、危険箇所が基本通れないはず。

何があったんでしょうかね・・・?

年末年始の寒波で、海上は時化。他にも海難事故はあったようですね。危険が伴う水辺での遊びなので、自己管理、自己規制を怠らずに遊びましょう。

ですが、何か運命的なものを感じざるを得ないこともあるのは事実です。

今回の南紀での事故がどうだったか?ということは別として、例えば水辺に立ったときに心筋梗塞を起こす可能性だってあるわけです。事実、ボクの知り合いは磯で病死された方に遭遇したことがあります。

命ってはかないなぁと・・・。

だからこそ、一瞬一瞬を大切にしていきたいなと思うのです。
[PR]
by mrockon | 2011-01-04 01:03 | マナー | Trackback | Comments(0)

リリーススタイル/タグアンドリリースのススメ

リリース論については、難しい問題もいろいろとあるので最近ではあまり表立って論じていなかったのだけど、先日の南紀釣行での話しの中で非常に面白い、興味深い話しが聞けたので久々に書いてみたいと思う。

ボクは現在、ヒラスズキをすべてリリースすることを目標としている。目標というのはキャッチした際、完全にデッドしてしまったヒラスズキはキープするつもりだということ。幸い、最初の一本以外はすべて自力で泳いで行ってくれている。

もう一つ補足なんだけど、オールリリースはヒラスズキだけです。
ボクも魚を食べるのは好きなほうなので、キープすることも少なくないです。

気持ちから言えば、大好きなヒラスズキはすべてのアングラーにすべてリリースしてもらいたいんですよ。
だけど、ボクがヒラスズキが大好きなようにボクがキープする魚をすべてリリースして欲しいと思っている人もいるはずですよね。
だから必要最低限な分だけキープして、後は元気な状態でリリースするようにしています。必要最低限というのは家族で食べる分だけという意味です。
要するに、リリース派とキープ派の妥協点を見つけるというか、お互いに歩み寄らないといけないのではないかと思うのです。
魚をキープするということを考えた時に、ボクは釣りが出来た上での話しだと思っているので、釣りが出来なくなるほどキープすることには反対なのです。ただ、現状ではいわゆる「釣り放題」の状態です。
「釣り人がキープする量なんて、たかがしれている」なんて話しを聞くこともありますが、ショアから釣れるロックフィッシュなんかは釣り人が枯渇させている典型ですよね。
あくまでボクが言っているのは釣りのターゲットを残すという意味で、動物愛護って意味ではないです。動物愛護って意味になると釣り自体を辞めなきゃいけなくなりますからね。

ちなみに皆さんはバックリミットについてはどうお考えなんでしょう?
ボクは大いに賛成なんですが、どこに基準を設けるかがまた難しいですよね。

さてさて、前置きが随分長くなってしまいましたが、先日の南紀での話し。
この日、話しをさせてもらった磯ヒラの先輩アングラー。ボクが通い始めた10年ほど前に一度南紀から遠のいていたようなのですが、昨年から復帰をされたようなのですが、秋から春まで70本のヒラスズキをタグアンドリリースされたようです。この数にもビックリしたのですが、その内の2本がすでに再捕されているのです。特筆するべくは、タグアンドリリースをした数週間後に50km以上離れた場所で再捕。しかも、本州最南端の潮岬の越えて。潮岬は行ったことのある人はわかると思うのですが、潮が早いときは川の用に流れる場所なのです。そこを上っていったのです。
もう一本は数ヶ月後に同じ場所で再捕されたようです。

磯でのヒラスズキ釣りは特にだと思うのですが、リリースが難しいんじゃないか?という話しによくなります。磯で暴れてウロコが剥がれてしまう。時には出血も。
現にウロコが剥がれていたり、釣られた形跡のあるヒラスズキは滅多に会わないが為に、リリースしても死んでしまうんじゃないかという憶測で話しが進んでしまう傾向にあると思うんです。
実際、リリースしているボクも半信半疑なぐらいでしたから。

それが、このように再捕という形でリリースした魚がちゃんと生きているという証しがあると、リリースをすることの重要性に真実味が出てくると思うのです。

釣り場環境の悪化という難しい問題もありますが、釣り人の出来ることの一つとして、リリースは積極的にしていきたいと思っているのですが、タグアンドリリースをしてデータを残していくということの重要性も感じました。

来年度、再度JGFAに登録してタグアンドリリースをしてみようかと思っています。
[PR]
by mrockon | 2010-10-20 01:48 | マナー | Trackback | Comments(0)


Report On Column


by masa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
釣り
タックル
格闘技
独り言

その他
マナー
トラウト
ファミリー
イベント
ソルトウォーター
ヒラスズキ
遠征

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

仙人日記    -my ...

最新のコメント

仙人さん: この浮気で..
by mrockon at 22:29
凄い凄い! リアリティ..
by 仙人 at 22:46
仙人さん: こんばんは..
by mrockon at 22:30
おはようございます 笑 ..
by 仙人 at 07:30
仙人さん: こんばんは..
by mrockon at 23:10
こんばんは。 つい..
by 仙人 at 20:59
仙人さん: お疲れ様で..
by mrockon at 00:55
たけまん: 毎度です!..
by mrockon at 00:51
おつかれさまです。 激..
by kobochan28 at 19:03
毎度です! 「朝ゆ..
by たけまん at 15:14

LINK

最新の記事

Rockshore Angl..
at 2017-08-22 00:04
ショアビックゲーム
at 2017-07-20 19:28
2017開幕‼︎
at 2017-06-08 23:29
前半戦終了
at 2017-06-01 23:45
トンネル脱出?(笑)
at 2017-05-11 19:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
日々の出来事

画像一覧